ココロがコロコロと遠足に。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

3/24日~25日は
『手のひらに太陽の家』にボランティアで参加させていただきました。

東日本大震災で被災した子供達を支援する為の復興共生住宅で、現在は特に放射線量の高い地域からの一時避難や保養滞在を中心に受け入れておられます。

福島のお母さん達のリアルなお話を聞いてその計り知れない想いに胸が痛みました。



この場所なら、思いっきり子供達を遊ばせてあげられる。マスクをしないでお外に出られる。土を触っても大丈夫。美味しいものを美味しく食べられる。窓を開けても大丈夫。

本来なら当たり前にできることが出来ない(させてあげられない)辛さはどれだけのことだろうか。

それらを安心して行える場所。
とっても必要な場所だと思いました。



丸一日と半日、20人ぐらいの子供達と思いっきり遊びました。


飛行機の折り方を教えてもらったり、鬼ごっこやかくれんぼ、だるまさんが転んだ、積み木タワーを一緒に積み上げたりお絵描きしたり。



一緒に遊んでくれてありがとう。
これからも皆が笑顔でいる時間が沢山ありますように!


『手のひらに太陽の家』では様々な支援を募っています。ご興味がある方はぜひHPをご覧になってみて下さい。
http://taiyounoie.org/
スポンサーサイト
 

 

 

 

 

今日は高尾山へ。

気軽に登れる舗装されたコースやケーブルカーもある身近な高尾山。

でも今日はちゃんとトレッキングブーツを履いて、
びわ滝川の清流沿いを行く6号路登山コースから山頂まで。


山頂で歩き疲れた後のとろろ蕎麦、ウマシ!(*^^*)


味のある吊り橋。


山頂から吊り橋のある4号路を通って下りつつ、また少し登って薬王院へ。




パッと目に入った美しい花は「みつまた」でした。



ケーブルカー前にあるお店で買ったのは…


天狗焼き!ほっかほかでサクサクしっとり!美味しかった




最後は一号路を下って無事下山!

心配していた雨にも降られずにホッ。
楽しかった~*\(^o^)/*

しかし脚力がだいぶ衰えてるなーと実感。
日々からもう少し歩かないとね(^^;;
今年はちょっとした目標があるので、歩きます!  

 

 

 

 

3月11日の浄土ヶ浜の朝日

3月10、11日はボランティア仲間と
岩手県の宮古市に行って来ました。

今回はボランティアではなく観光です。

東北ではまだまだボランティアを必要としていますが、
同時に観光でもどんどん東北に来て欲しいという声を沢山聞いてきました。

ボランティアを通してご縁のあった地元の方がコーディネートして下さって実現した今回。
それを今回の二年目の日にあわせて来ることが出来ました。




龍泉洞。
地底洞窟の素晴らしさは感動もの!地球ってスゴイ

しかし写真には写らない、まったく再現出来てない。。(>_<)
この目で見れたことに感謝です!


鵜の巣断崖。わー!地球は丸い





魹ヶ崎(とどがさき)灯台。本州最東端です。




最東端に立つ友がちっさく見える!
地球の大きさを感じる!

美しい海。時として自然はまた脅威でもある。
でもやはり美しい。


二年目の3月11日。
その時間は浄土ヶ浜で黙祷をさせていただきました。



改めて、東北の方は観光でもいい、ほんの少し寄ってくれるだけでもいい、とにかく来てください、そう声を上げてくれています。

被災地に行き、ボランティアをすることももちろんだけれど、それだけじゃない。
現地に行き地産地消することも立派な支援。
しかしいつだって行けるわけじゃない。
現地の方々の声を伝えることも、また想いを向けることも、
私達に出来ることなのだと改めて実感したのでした。


祈りを込めて。。



東北、美しい&美味しいものもいっぱいですよ!
皆様、旅行にいかがですか☆  

 

 

 

 


我が家の備蓄の一部です^^

東日本大震災からもうすぐ二年ですね。


我が家では防災用品や、およそ3日間大人2人がのりきれる分を目安に、保存食品や缶詰、
インスタントのカレーやカップラーメンなどを備蓄するようにしています。

たまに訪れる消費期限のための消費も、忙しいときやちょっと手抜きしたい時などに充てたりします^^

水も長期保存水は1ℓほどですが、
それ以外にも普通のペットボトル水を20ℓ位は常時家にあるようにしています。

水は特に重要です。殆どの都市生活では停電したら水も止まる可能性は高いです。

1日1人あたり飲み水+αで、3リットルは必要と言われています。

つまり20ℓの備蓄でも大人2人で3~4日分です。
しかもトイレ用の水は含まれていません。
お手洗い用にはお風呂のお水を貯めおきしておくか専用の凝固剤を用意しておく必要があります。


東日本大震災の時、街中のお店から水と食料が消えました。
あっという間のことでした。

比較的軽い被災状況だった茨城の実家でさえ、
震災二日後に父のお昼ご飯を訊ねてみると、みかん1個とコーヒー1本のみ。
3日後位の地元の友人(四人家族)の食事事情を聞くと、
どこでもお米と水が手に入らず、しかし子供がいるので隣の家族から雑炊を一杯ずつ分けてもらったとのこと。これが現実でした。


万が一にでも災害が起きたなら、それが自分の街でも、遠い場所であったとしても、その時に本当に必要としている人に食料や物資が行き渡らないとしたらそれは大変な事態です。

イザというときに自分や家族を守るためにも、遠くの誰かを助けるためにも、
流通が正常な時に少しずつ備えておくことは重要なことだと思います。

なにもなくて済んだのなら、それが何よりですしね!

過去の災害での学びを活かすことも
私たちに出来ることの一つではないでしょうか。
 

 

 

 

 


東京タワーからの眺め




あっという間に3月になっちゃいましたね!
すっかりご無沙汰してしまいましたが相変わらず元気です(*^^*)

今年は早々からイベント盛りだくさんで充実したスタートです。

嬉しい報告もあったり
それと同時に大切な友人達が病と戦ったりと色々なことを考えさせられることもありました。

今までも人生の中で何度かあったけれど、毎回思う。

私がしてあげられることは何だろう。
私が出来ることは何だろう。
今どうしているだろう。
疲れていないかな。悩んでいないかな。
泣いていないかな。笑っているかな。
そして、信じてる。

日常を楽しみつつもふと思う瞬間が沢山ある。
そしてそのふと思ってしまう友に出会えたことは私の宝です。

大切な友人達の笑顔を思い出すと嬉しくなる。

そんな揺るぎないものを大切にしていきたいです。


移り変わる季節みたいに、人生も悲喜こもごも。
雨や風雪のあと、優しい光を浴びて花が咲くことを信じています。

もうすぐ春ですね!  

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2013 ココロの遠足, all rights reserved.

02 ≪│2013/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

☆ぜひ行ってみてください☆ 情報も一杯。私達が知らない事が沢山あります。そして私達にも出来る支援があります *^^*

*とよ*

Author:*とよ*
イルカんちの豊崎優子です。

見に来てくださってありがとうございますね*^^*

このブログをリンクに追加する


-天気予報コム- -FC2-

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。