ココロがコロコロと遠足に。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

今日の富士山と夕陽。夕日はだいぶ右側に。

む~ん。。。傾いとる!


あ、地球が。ていうか地軸が(笑)



だってね、
↓冬の間の富士山と夕陽。夕日はだいぶ左側に。


↓2月末頃の富士山と夕陽。まだ少し左側。(うう。美しい!)


夕陽をみると、冬の間は断然富士山の左側に沈んでいたのに、
いつの間にか、そしてやはり春分の日を越えてあれよあれよと
夕陽は富士山よりもだいぶ右側に沈むように。

地球の地軸って、こんなに傾いてるのね!!


と、今更^^;実感したオトナの夕暮れ(笑)


スポンサーサイト
 

 

 

 

 

とてもいい香り!梅が満開でした^^


潔い美しさ。


よく晴れた祝日、「山田富士公園」に行って来ました^^
横浜市営地下鉄グリーンライン「北山田駅」のすぐ裏手にあります。

想像していたよりも広くて睡蓮の池や芝生の丘や梅園などもあってとても気持ちがいい!



そして公園内の山を登ると、頂上には富士塚が!

昔、都筑区の地域では富士信仰が盛んで、今でもいくつかの富士塚が残っています。
なかでも「山田富士」は、「新編武蔵風土記」(文政11年-1828年)に登場する古い歴史を
もっているのだそうです。
富士講そのものは江戸時代信仰禁止令により無くなっていったそうです。

昔の人の信仰が集まった場所。
そう思うとまた違う景色に見えてくる。
長い時間、人々が信仰と共に守ってきてこの姿が今ここにある。


遠くまで晴れていれば、ここからも富士山が見えます。

夏にはこの富士塚も美しい緑になるそうです。



富士塚から下を眺めてみる。



山から下りると、また人々が憩う声が聞こえてくる。
凧揚げや縄跳びの練習だったりキャッチボールだったり、芝斜面をソリで滑っていたり
シートを引いてピクニックをしていたり、みんな楽しそう*^^*

桜の名所としても有名だそうで、また楽しみです☆



にゃーと呼んだらニャーと返事をして茂みの中から出てきた猫ちゃん。
すりすりしてくれたあと、伸び~~~。


ほんじゃ、またニャ~。




 

 

 

 

 
17日は新宿にある経王寺へ。

中筋純さんの「チェルノブイリ写真展」と共に開かれた
加藤健(かとうたけし)さんのLIVEへ。

お寺のお堂で仏様に見守られながら、静かなようで深くうんと熱い加藤さんのギターと唄が広がる。
とっても素敵な時間でした。

また、被災地へのチャリティーLIVEでもあって、
今できることの窓口を開いてくださったのでした。


改めて、東日本大震災の事も、チェルノブイリの事も、思いを馳せてみる。。

そんな有意義な雨の夜でした。  

 

 

 

 
久しぶりにあう友人達とランチ☆
つもる話や近況など、女子トーク満載の楽しい時間だった!

みんな状況や生活はそれぞれ変わったけれど、
ある意味みんな変わってないわ~。
もちろん良い意味でね(*^_^*)

季節ごとに友の会で集まろう!と盛り上がる。
うんうん☆夏を楽しみにしてるよ!(*^_^*)  

 

 

 

 

*船外活動用宇宙服。重さはなんと120kg!
 生命維持装置が背中にくっついていて、着る宇宙船。なんだそうです。


つくば市の『筑波研究学園都市』をあらためて観光してきました。

といっても、実家から車で15分位だし、
学生の時の学区も一緒だったので、とても身近な隣街なのですが。

しかしそのスゴさを実感したのは、うんとオトナになってからなのでした(笑)

宇宙に携わっちゃうような方々や、本当に宇宙に行ってきちゃった宇宙飛行士さんや、
様々な研究所、研究者が多い街。
なんか上手く言えないけどスーパーハイテクというかサイエンス?^^;な街なのです。

茨城だけど「つくばの学園都市は茨城じゃない」とか言われたりするような街です(笑)

都市伝説も色々あって、筑波大の地下にはどこかに繋がっている地下通路が、、とか、
また街の下にはエヴァンゲリオンに出てきちゃうような巨大地下都市があるとか、
何かの時には地下から凄いロボットが出てきちゃうとか(笑)


そんな訳で、つくばをもう少しちゃんと見てみようツアー☆


まずは宇宙開発センターJAXA(ジャクサ)へ。
JAXAは最近は「はやぶさ君」でよく知られていますが、色んな人工衛星にも携わっています。
また、宇宙飛行士訓練施設なんかもあるとっても大きな施設です。


展示スペースは自由に見る事が出来て、
ロケットや衛星の展示だけでなく、原寸大宇宙ステーションの中に入れたりするので、結構楽しめます☆

さらにいくつかツアーもあり、予約すれば宇宙飛行士養成エリアや運用管制室とか、
もっと色々な体験も出来るようです。


国際宇宙ステーションで宇宙飛行士が実験等を行う船内実験室。
よくTVで見る宇宙飛行士が浮いているお部屋^^
実際に入って見て触れます。


宇宙ステーション補給機の試験モデル。大きい!すごい!
これをロケットの先っちょにくっつけて打ちげるんだもん、すごいよね^^;

ほかにも色々見れるので、近くにいた子供達もお父さんも大興奮でスゲー!スゲー!と連発で
とにかくキラキラしておりました^^
老若男女楽しめる展示スペースでしたよ。

私達もちょうど「宇宙兄弟」を読んでいるので、もう、、ワクワクものでした☆

いつかちゃんと予約して養成エリアとか管制室とかも見てみたい!
JAXA、楽しかったです^^


このあとは国土地理院へ。ここも面白かった!
しかし閉館が迫っていてゆっくり見れなかったので、また今度ゆっくり見にきたいわ☆
その時にまた他のサイエンス施設も巡ってみようと思います^^


 

 

 

 

 
週末は実家へ。姉家族とみんなでカラオケ!総勢7人。
甥っ子姪っ子達とカラオケする日が来るなんて!

しかも、一番上の甥っ子は今度大学生!真ん中の姪っ子ちゃんは中学生に!一番下の甥っ子もいつの間にかまた背が伸びてる。
もう姉の子供達が庭のビニールプールで遊んでたのを見たのなんて大昔なのね!?(^_^;)
時の速さを思い知る。

好きな音楽の話が出来るとか、ちょっとじーんとくるね。。

次の日は妹のお家へ立ち寄る。
一歳半の赤ちゃんがこれまた大きくなってる!!んも~可愛いねぇ。

ほんと
家族ロマン。  

 

 

 

 
今日お誕生日とか記念日とかお祝いとか家族団欒とか、色々、、
嬉しい時間、今日しかない大切な時間を過ごす方もいらっしゃると思います。

今日はなんだか切ない日という雰囲気もあるけど、
でも今日という日も、毎日と同じくとても大切な一日。

ステキで幸せな時間を過ごしてほしいです。


今日も明日も明後日も、ずっとずっと大切な日。



沢山の祈りとともに。  

 

 

 

 
改めて、お亡くなりになられた方々にご冥福をお祈りしますとともに
被災された方々にお見舞い申し上げます。

沢山の笑顔が戻りますように。
一刻もはやく、皆様が安心して暮らせますように。  

 

 

 

 
3月11日、忘れられない日。

この一年が長かったのか、あっという間だったのか、わかりません。

地震、大津波、原発事故、、、
一年経つ今もまだ苦しい状況にある方も沢山いらして、この災害の大きさを改めて感じます。

===

私自身、私の身の回りのことを振り返ってみる。
何が怖かったこととして覚えているかというと、
まず最初に家族や友人知人の安否が確認できない時間でした。

当時私は横浜で家の中にいて、あまりにも長い揺れでしかもどんどん大きくなるので
「まさか関東大震災が来てしまうのか?」と思いました。

しかし、すぐさまTVで横浜駅近くの強烈な地割れや、ボウリング場の天井が落ちたとか
関東の放送局内映像の強烈な揺れの映像をみて、我が家の辺り(横浜北部)は
まだ揺れがマシだったのだとわかりました。

しかしそれは、自分が体感したよりも、外では大変なことになっている可能性が高いということ。

都内に勤務している旦那やそれぞれの実家(どちらも北関東)や妹に電話をしますが、
全く繋がりません。どこにも繋がりません。家の電話も携帯も。メールも送信が進まない。

TVでは次第に事の大きさが明らかになっていき、東京沿岸部でビル火災、
千葉ではなんと石油コンビナートも大爆発して炎上している。

さらに東北では見たこともない大津波が町中を巻き込んでいくという恐ろしい映像が。
そして茨城も千葉も津波被害が出ていると。
交通もストップ。都内もビルの上から壁?が降ってきたり大混乱の映像。余震もずっと続いている。

極めつけは両実家ともに震度6と!震度6って、、、。
しかも霞ヶ浦大橋が一部落ちているではないですか!!!


自分は無事だし大丈夫だと思えた。でも実家のあたりは?みんなは!?


とにかく安否を知りたくて何度もなんども連絡を試みますが繋がらないのです。
ただ、落ちついて今やれる事をしておこうと、水を溜めたり持ち出し荷物を作ったり、
ネットで自分の無事を伝えたりして自分を駆り立ててはいましたけれど。

結局、家族全員の無事を確認できたのは夜になってからでした。
全員と繋がったことで緊張が緩み電話口で思わず涙声になってしまいました。

大切な人達が無事であるかどうか、
それを確認できない時間が私にとっての一番怖い時間でした。


===

私は無事で家族も安否が確認できた。
それでも実家は電気水道などライフラインを失い、家の中は色々倒れ、キッチンなどは
食器やガラスが散乱してダンボールを敷いた上を靴で歩かなければいけない状態に。

姉の職場はなんと天井が落ちスプリンクラーで水浸しになったそうです。

コンビニもスーパーも自販機も、当日の夕方に空っぽになったそうで
2~3日後位に、父に食料は手に入ったか聞くと「お昼はみかんだけ食べれた」とか、、><

そんな時、ガソリン不足と道路、交通手段の断絶で、会いにいけなかったのも辛かったです。
自分が行けないだけでなく、運送業もストップしてましたから、何か送ってあげたくても
それすらも出来ない。自分とはなんと無力なのだろうと思いました。

しかし震災とは、このような事態が起こりうるということなんですね。


そして原発事故もありましたから本当に心配でした。
しかし、もっと大変な方々のことを思えば本当に本当に、感謝しなければと思いました。

===

一年経った今でも、
実家の姉の小学生の子供達は、母親である姉と共に1階の部屋で寄り添って寝ています。
2階で寝るとか、子供達だけで寝るとか、今までの寝室とか怖いと言っていました。
震災当日の朝まで寝室としていた部屋の箪笥が倒れたそうですから、
確かにそこではもう怖いよね。>< 今も茨城は強い余震が多いですしね。

そして原発のこともやはり心配はつきません。


今回被災地の中では比較的被害が軽いと思われる茨城南部の実家でもこんな感じなんです。


ならばさらに津波や原発などで被害が大きかった方々は、、、
もっともっとお辛い体験をされた方々は、、、
今もなお先が見えない不安や心配が続いている状況の方々は、、、

その心情は、それはもう、想像をはるかに超えるものだと思います。


気持ちが分るだなんて、とても簡単には言えません。
それでも、想いはこれからもずっと向けて行きたい。感じていきたい。考えて行きたい。

自分に出来ることも。



振り返る3月11日であり、新しい3月11日に向けて。祈りを込めて。


===



そして明日というか夜が開けたら、今日は実家に行ってきます!


て、書き終わった今ちょうど、また地震が来た~><
しかも茨城北部で5弱って、、、関東直下のこともあるし、まだまだ心配です。




 

 

 

 

 

2月29日は関東は大雪~!
いや~積もった積もった!
しかし大阪はまるで春のように暖かい日だったらしいですね!

箱根の山を境に真冬と春に分かれていたんですって。

銀世界の閏日から一夜空けて
3月1日はこんな光景も!

アタマに乗ってるのは、バケツ、、じゃなくて、ちりとりだった☆

そんな訳で富士山も

やっぱり真っ白~!


でも今日は少し暖かいかな。

春、きっともうすぐだね~(*^_^*)

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 ココロの遠足, all rights reserved.

02 ≪│2012/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

☆ぜひ行ってみてください☆ 情報も一杯。私達が知らない事が沢山あります。そして私達にも出来る支援があります *^^*

*とよ*

Author:*とよ*
イルカんちの豊崎優子です。

見に来てくださってありがとうございますね*^^*

このブログをリンクに追加する


-天気予報コム- -FC2-

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。